給与計算Pit リマインダー

« 2008年01月 | メイン | 2008年03月 »

給与計算実務リマインダー 2008年3月の業務カレンダー



年度末の3月となりました。

3月・4月は人事異動の時期でもあります。入社退社の手続きも多くなります。
従業員の家族に異動があった場合は異動届などの提出を受け家族手当の変更や源泉徴収税額の変更なども必要となります。
様々な事務をミスや漏れが無いよう進めていきましょう。
 
(--財務電子申請システムは電子政府の総合窓口(e-Gov)に移行しています--)

また、4月に昇給を行う事業所で給与計算ソフトを使用している場合は、昇給手順を確認しておくと良いでしょう。



 


------------------------------------------------------------------------------

≪定例事務≫

10日

前月の源泉徴収所得税額の納付→事業所指定の金融機関(銀行や郵便局)

前月の住民税の特別徴収税額の納付→事業所指定の金融機関(銀行や郵便局)

雇用保険被保険者資格取得届(前月以降の採用者分)→ハローワーク

 

 

末日

社会保険料(健康保険料・厚生年金保険料)の納付→事業所指定の金融機関(銀行や郵便局)

日雇健保印紙保険料受払報告書提出→ハローワーク

労働保険印紙保険料納付・納付計器使用状況報告書提出→ハローワーク




その他

給与計算・給与明細作成

給与支払




≪スポット事務≫

10日

特になし

 

 

15日(今年は17日(月))

2007年分所得税・個人住民税・個人事業所税・贈与税の確定申告納付期限 → 事業所指定の金融機関(銀行や郵便局)

 

 

末日

2007年分個人事業者の消費税の確定申告・納付期限 → 事業所指定の金融機関(銀行や郵便局)

 

 

その他

新入社員・退職者・転勤者の社会保険・労働保険の資格得喪 → 社会保険事務所・公共職業安定所
給与所得者の扶養控除等(異動)申告書の回収(最初の給与の支払日の前日まで) → 給与支払者
健康保険・厚生年金保険の随時改定(月額変更届の提出) → 社会保険事務所
賞与の社会保険料(健康保険料・厚生年金保険料)の納付 → 事業所指定の金融機関(銀行や郵便局)
被保険者賞与支払届の提出(賞与支給日から5日以内) → 社会保険事務所・健康保険組合
定期健康診断結果報告書 → 所轄労働基準監督署











●●ご注意●●

給与関連の一般的な法定事務について解説していますので、お客様の業務内容にそぐわない場合もあります。



────────────────────────────────────

★★今月の豆知識★★


【政府管掌健康保険の介護保険料率】

///平成20年3月分(平成20年4月30日納付期限分)以降の保険料から変更になります///


介護保険に必要な費用は、40歳以上の方に納めていただく保険料で賄うこととされ、その費用は年度毎に決められることとなっています。 保険料率についても毎年度見直しを行うことなっています。

今年度は見直しがあり介護保険料率が変更となります。


政府管掌健康保険の介護保険料率は、平成20年3月分(平成20年4月30日納付期限分)以降の保険料から、1.13%となります。
40歳から46歳までの介護保険第2号被保険者に該当する方の政府管掌健康保険料率は、医療にかかる保険料率(8.2%)と合わせて、9.33%となります。
 なお、健康保険組合に加入されている方の介護保険料率は、加入されている健康保険組合によって異なりますので、別途ご確認ください。

給与計算ソフトを使用している事業所は介護保険料率の変更方法を確認しておきましょう。

 

 

【パートタイム労働法の改正

///平成20年4月施行 パートタイム労働法が変わります///

「短時間労働者の雇用管理の改善等に関する法律」(パートタイム労働法)は、
パートタイマーの待遇を正社員と均衡のとれたものとする措置などが事業主に求められ、その他いくつかの点で義務化されました。
これを放置しているとトラブルに発展することが予想されており、労務管理面の整備が必要となるなど企業への影響は必至となるでしょう。
詳細は→http://www.mhlw.go.jp/topics/2007/06/dl/tp0605-1h_0003.pdf
http://www.mhlw.go.jp/topics/2007/06/tp0605-1b.html

 

 

【労働契約法の施行

///新法施行! 平成20年3月 労働契約法が施行しました///

労働契約法は、労使当事者が対等な立場で労働契約の開始から終了までを明確にした法律です。
労働基準法とは別の民事上のルールを定めており、労働契約法に関しては民法よりも労働契約法が優先適用される事となります。
(これまで労働契約における根拠法律は労働基準法と民法でした)
労働契約法説明会が各労働局で開催されているようです、参加してみるのも良いでしょう。
詳細は↓
労働契約法の概要→http://www.roudoukyoku.go.jp/notice/keiyakuhou/pdf/gaiyou.pdf
労働契約法のポイント→http://www.mhlw.go.jp/new-info/kobetu/roudou/gyousei/kantoku/dl/080218-1a.pdf


──────────────────────────────────────────

★★来月の計画をたてるために★★


◇労働保険年度更新の準備

 

=============================================================

給与計算サポートセンター(運営会社:株式会社ディー・マネージ

 

 

 

給与計算Pit TOP

アーカイブ