給与計算Pit リマインダー

« 2008年09月 | メイン | 2009年01月 »

給与計算実務リマインダー 2008年12月の業務カレンダー


今年もいよいよ後一ヶ月となりました。
年末は、年度の変わる4月に次いで退職が多くなる時期です。
社員の退職時には、社会保険関連事務を的確に行うと共に業務の引継ぎにも注意をしたい所です。
また、年末調整業務もいよいよ本番となり、給与計算担当者の方は忙しい時期となりますが、体調に留意し乗り切っていきましょう。



------------------------------------------------------------------------------

≪定例事務≫

10日

前月の源泉徴収所得税額の納付  事業所指定の金融機関(銀行や郵便局)

前月の住民税の特別徴収税額の納付  事業所指定の金融機関(銀行や郵便局)

一括有期事業開始届(概算保険料160万円未満:請負金額19,000万円未満の工事)  労働基準監督署(一括される有期事業を開始した日の属する月の翌月10日までに)

 

末日

社会保険料(健康保険料・厚生年金保険料)の納付  事業所指定の金融機関(銀行や郵便局)

日雇健保印紙保険料受払報告書提出  ハローワーク

労働保険印紙保険料納付・納付計器使用状況報告書提出  ハローワーク

 

その他

給与計算・給与明細作成

給与支払

 

 

≪スポット事務≫

10日

特別徴収に係る給与所得者異動届出書 → 1月に給与支払報告書を提出した市町村(異動のあった日の翌月10日までに)

外国人労働者の雇用状況の届出(雇用保険被保険者資格を有する外国人労働者) → 管轄する公共職業安定所(雇い入れ日の属する月の翌月10まで。離職した日の翌日から起算して10日以内)

 

15日

所得税の予定納税額の減額申請(第2期分のみの減額申請及び特別農業所得者) → 所轄税務署長
詳細 → http://www.nta.go.jp/tetsuzuki/shinsei/annai/shinkoku/annai/02.htm 

 

末日

労働者死傷病報告 7月から9月分 (4日未満の休業・・・不休は除く) → 所轄労働基準監督署

外国人労働者の雇用状況の届出(雇用保険被保険者資格を有さない外国人労働者) → 管轄する公共職業安定所(雇入れ日・離職した日の属する月の翌月の末日までに)

延納の届出をしている場合の労働保険概算保険料分割納付第3期分納付(12月~翌年3月分)  労働基準局・労働保険事務組合

 

その他

新入社員・退職者・転勤者の社会保険・労働保険の資格得喪 → 社会保険事務所・公共職業安定所

給与所得者の扶養控除等(異動)申告書の回収(最初の給与の支払日の前日まで) → 給与支払者

健康保険・厚生年金保険の随時改定(月額変更届の提出) → 社会保険事務所・健康保険組合
※10月に昇給等を行った場合は、要否チェック

賞与の社会保険料(健康保険料・厚生年金保険料)の納付 → 事業所指定の金融機関(銀行や郵便局)

被保険者賞与支払届の提出(賞与支給日から5日以内) → 社会保険事務所・健康保険組合

定期健康診断結果報告書 → 所轄労働基準監督署

労働者死傷病報告(4日以上の休業・死亡) 労働災害発生後遅滞なく 提出 → 所轄労働基準監督署

源泉所得税の納期の特例の承認に関する申請(提出期限は特に定めなし(原則として、提出した月の翌月以後に支払う給与等から適用) → 所轄税務署長
詳細 → http://www.nta.go.jp/tetsuzuki/shinsei/annai/gensen/annai/1648_12.htm

年末調整事務











●●ご注意●●

給与関連の一般的な法定事務について解説していますので、お客様の業務内容にそぐわない場合もあります。



────────────────────────────────────

★★今月の豆知識★★

【賞与を支払った時には・・・・】 

////////賞与の範囲////////
標準賞与額を決める場合にそのもととなる賞与の範囲は、
賃金、給料、俸給、手当、賞与、その他 どんな名称であっても、被保険者が労務の対償として受けるすべてのもののうち年3回以下のものを含みます(賞与の支給回数は毎年7月1日現在にて確認)。
ただし、大入り袋や見舞金のような臨時に受けるものは含まれません。

////////標準賞与額////////
被保険者期間中において、実際に支給された賞与額から千円未満を切り捨てた額が標準賞与額となり、
賞与が支給される月毎に決定されます。

標準賞与額の上限は、
健康保険は年間累計額540万円(毎年4月1日から翌年3月31日までの累計額------転職などにより賞与の支配者が異なっても保険者単位で通算
厚生年金保険は1ヶ月あたり150万円
となります(健康保険と厚生年保険とでは上限額の算定方法が異なるので注意)。

育児休業等により保険料免除期間に支払われた賞与についても標準賞与額として決定し、年間累計額に含まれます。

年度途中で被保険者資格の取得・喪失があった場合の標準賞与額の累計については、
保険者単位とすることとされています。
したがって、同一の年度内で複数の被保険者期間がある場合については、同一の保険者である期間に支払われた標準賞与額は累計することとなります。
標準賞与額の累計が年度内に既に540万円に達した後においても、賞与が支払われた場合については、それ以降、標準賞与額は0円として保険者が決定することとなります。
この場合、被保険者の申出により、「健康保険標準賞与額累計申出書(正副2通)」を事業主を経由して、管轄の社会保険事務所に提出します。

詳細 → http://www.sia.go.jp/topics/2006/n1004_2.htm

////////社会保険事務所への提出書類////////
提出書類は以下となります。
・健康保険・厚生年金保険 被保険者賞与支払届
 (被保険者期間中に支払われた賞与は、同一年度内における累計額が540万円を超えているかどうかに関わらず、提出)
・健康保険・厚生年金保険 被保険者賞与支払届 総括表
・健康保険標準賞与額 累計申出書(該当者がいる場合のみ)

提出方法は、窓口持参・郵送・電子申請にて可能ですが、いずれの場合も「被保険者賞与支払届 総括表」を併せて提出します。
なお、賞与支払予定月に賞与の支払いがなかった場合においても、「被保険者賞与支払届 総括表」を提出します。

////////賞与にかかる保険料率////////
標準賞与額に保険料率を乗じた額となります(保険料率は、標準報酬月額にかかる保険料と同じ)。

※健康保険組合に加入している場合は、加入の健康保険組合に確認してください

──────────────────────────────────────────

★★来月の計画をたてるために★★


◇年末調整事務
(以下の国税庁のホームページから申請書様式のダウロードができます)
給与所得者の扶養控除等(異動)申告書http://www.nta.go.jp/tetsuzuki/shinsei/annai/gensen/annai/1648_01.htm
給与所得者の保険料控除申告書兼給与所得者の配偶者特別控除申告書http://www.nta.go.jp/tetsuzuki/shinsei/annai/gensen/annai/1648_05.htm
(以下の社会保険庁のホームページから申請書様式のダウロードができます)
健康保険・厚生年金保険 被保険者賞与支払届 総括表・健康保険標準賞与額 累計申出書http://www.sia.go.jp/sinsei/iryo/index.htm#p3

◇労働死傷病(軽度)報告


 

 

=============================================================

給与計算pit (旧:給与計算サポートセンター)

 

運営会社:株式会社ディー・マネージ

 

 

 

 

 

給与計算実務リマインダー 2008年11月の業務カレンダー


今年も年末調整の時期がやってきました。

11月は毎月の業務に加えて冬季賞与や年末調整など、多忙な時期となります。

平成20
年扶養控除等(異動)申告書や保険料控除申告書の手配はお済みでしょうか。

年末調整業務については、11月から準備に入る必要があります。
12月になってから慌てなくて良いように余裕も持ったスケジュールをたてておきましょう。

税務署や市区町村などで各種説明会が開かれますし、給与計算ソフトをご使用の場合は各ソフトメーカでのセミナー も開催されます。出席して要点をチェックするのもよいでしょう。

メルマガ配信されています年末調整特別号も参考にしてください。



------------------------------------------------------------------------------

≪定例事務≫

10日

前月の源泉徴収所得税額の納付  事業所指定の金融機関(銀行や郵便局)

前月の住民税の特別徴収税額の納付  事業所指定の金融機関(銀行や郵便局)

一括有期事業開始届(概算保険料160万円未満:請負金額19,000万円未満の工事)  労働基準監督署(一括される有期事業を開始した日の属する月の翌月10日までに)

 

末日

社会保険料(健康保険料・厚生年金保険料)の納付  事業所指定の金融機関(銀行や郵便局)

日雇健保印紙保険料受払報告書提出  ハローワーク

労働保険印紙保険料納付・納付計器使用状況報告書提出  ハローワーク

 

その他

給与計算・給与明細作成

給与支払

 

 

≪スポット事務≫

10日

特別徴収に係る給与所得者異動届出書 → 1月に給与支払報告書を提出した市町村(異動のあった日の翌月10日までに)

外国人労働者の雇用状況の届出(雇用保険被保険者資格を有する外国人労働者) → 管轄する公共職業安定所(雇い入れ日の属する月の翌月10まで。離職した日の翌日から起算して10日以内)

 

15日

所得税の予定納税額の減額申請(第2期分のみの減額申請及び特別農業所得者) → 所轄税務署長
詳細 → http://www.nta.go.jp/tetsuzuki/shinsei/annai/shinkoku/annai/02.htm 

 

末日

労働者死傷病報告 7月から9月分 (4日未満の休業・・・不休は除く) → 所轄労働基準監督署

外国人労働者の雇用状況の届出(雇用保険被保険者資格を有さない外国人労働者) → 管轄する公共職業安定所(雇入れ日・離職した日の属する月の翌月の末日までに)

延納の届出をしている場合の労働保険概算保険料分割納付第3期分納付(12月~翌年3月分)  労働基準局・労働保険事務組合

 

その他

新入社員・退職者・転勤者の社会保険・労働保険の資格得喪 → 社会保険事務所・公共職業安定所

給与所得者の扶養控除等(異動)申告書の回収(最初の給与の支払日の前日まで) → 給与支払者

健康保険・厚生年金保険の随時改定(月額変更届の提出) → 社会保険事務所・健康保険組合
※9月に昇給等を行った場合は、要否チェック

賞与の社会保険料(健康保険料・厚生年金保険料)の納付 → 事業所指定の金融機関(銀行や郵便局)

被保険者賞与支払届の提出(賞与支給日から5日以内) → 社会保険事務所・健康保険組合

定期健康診断結果報告書 → 所轄労働基準監督署

労働者死傷病報告(4日以上の休業・死亡) 労働災害発生後遅滞なく 提出 → 所轄労働基準監督署

源泉所得税の納期の特例の承認に関する申請(提出期限は特に定めなし(原則として、提出した月の翌月以後に支払う給与等から適用) → 所轄税務署長
詳細 → http://www.nta.go.jp/tetsuzuki/shinsei/annai/gensen/annai/1648_12.htm

年末調整に必要な各種控除申告書など関係用紙の入手・従業員への配布











●●ご注意●●

給与関連の一般的な法定事務について解説していますので、お客様の業務内容にそぐわない場合もあります。



────────────────────────────────────

★★今月の豆知識★★

【年末調整に関する改正点】 

「年末調整」では、配偶者控除、配偶者特別控除、扶養控除、保険料控除などの控除行います。
扶養控除等申告書などを回収して、これらの控除を正しく行いましょう。

////////住宅借入金特別控除の特例の創設////////
平成19年1月1日から平成20年12月31日までの間に住宅をを自己の居住の用に供した場合、控除率及び適用年数(控除期間)による特例が、現行の特別控除との選択適用になりました。

////////バリアフリー改修促進税制の創設////////
一定の居住者が、自己の居住の用に供する住宅について特定のバリアフリー改修工事を含む増改築を行った場合において、その増改築を行った部分を平成19年4月1日から平成20年12月31日までの間に自己の居住の用に供した時は、増改築など住宅借入金などの年末残高の限度額・控除率及び控除期間による特例を現行のの増改築等にかかる特別控除または前述の特例との選択適用ができるようになりました。

詳細 → http://www.nta.go.jp/shiraberu/ippanjoho/pamph/gensen/nencho2008/pdf/04-06.pdf

──────────────────────────────────────────

★★来月の計画をたてるために★★


◇年末調整事務
(以下の国税庁のホームページから申請書様式のダウロードができます)
給与所得者の扶養控除等(異動)申告書http://www.nta.go.jp/tetsuzuki/shinsei/annai/gensen/annai/1648_01.htm
給与所得者の保険料控除申告書兼給与所得者の配偶者特別控除申告書http://www.nta.go.jp/tetsuzuki/shinsei/annai/gensen/annai/1648_05.htm 
 

 

=============================================================

給与計算pit (旧:給与計算サポートセンター)

 

運営会社:株式会社ディー・マネージ

 

 

 

 

給与計算Pit TOP

アーカイブ