給与計算Pit リマインダー

« 2009年09月 | メイン | 2009年11月 »

給与計算実務リマインダー 2009年11月の業務カレンダー


今年も年末調整の時期がやってきました。

11月は毎月の業務に加えて冬季賞与や年末調整など、多忙な時期となります。

平成22年扶養控除等(異動)申告書や保険料控除申告書の手配はお済みでしょうか。

年末調整業務については、11月から準備に入る必要があります。
12月になってから慌てなくて良いように余裕も持ったスケジュールをたてておきましょう。

税務署や市区町村などで各種説明会が開かれますし、給与計算ソフトをご使用の場合は各ソフトメーカでのセミナー も開催されます。出席して要点をチェックするのもよいでしょう

 

 

------------------------------------------------------------------------------

≪定例事務≫

10日 

前月の源泉徴収所得税額の納付  事業所指定の金融機関(銀行や郵便局) 

前月の住民税の特別徴収税額の納付  事業所指定の金融機関(銀行や郵便局)

一括有期事業開始届(概算保険料160万円未満:請負金額19,000万円未満の工事)  労働基準監督署(一括される有期事業を開始した日の属する月の翌月10日までに)

 

末日

社会保険料(健康保険料・厚生年金保険料)の納付  事業所指定の金融機関(銀行や郵便局)

日雇健保印紙保険料受払報告書提出  ハローワーク

労働保険印紙保険料納付・納付計器使用状況報告書提出  ハローワーク

 

その他

給与計算・給与明細作成

給与支払

 

 

≪スポット事務≫

10日

外国人労働者の雇用状況の届出(雇用保険被保険者資格を有する外国人労働者) → 管轄する公共職業安定所(雇い入れ日の属する月の翌月10まで。離職した日の翌日から起算して10日以内) 

 

 

15日

特になし

 

末日

特になし

 

その他

新入社員・退職者・転勤者の社会保険・労働保険の資格得喪 → 社会保険事務所・公共職業安定所

給与所得者の扶養控除等(異動)申告書の回収(最初の給与の支払日の前日まで) → 給与支払者

健康保険・厚生年金保険の随時改定(月額変更届の提出) → 社会保険事務所・健康保険組合
※8月に昇給等を行った場合は、要否チェック

賞与の社会保険料(健康保険料・厚生年金保険料)の納付 → 事業所指定の金融機関(銀行や郵便局)

被保険者賞与支払届の提出(賞与支給日から5日以内) → 社会保険事務所・健康保険組合
参考 → http://www.sia.go.jp/topics/2009/pdf/n0526.pdf


定期健康診断結果報告書 → 所轄労働基準監督署

労働者死傷病報告(4日以上の休業・死亡:安衛則様式第23号) 労働災害発生後遅滞なく 提出 → 所轄労働基準監督署

源泉所得税の納期の特例の承認に関する申請(提出期限は特に定めなし(原則として、提出した月の翌月以後に支払う給与等から適用) → 所轄税務署長
詳細 → http://www.nta.go.jp/tetsuzuki/shinsei/annai/gensen/annai/1648_12.htm

特別徴収に係る給与所得者異動届出(4月2日以降に異動者がいる場合) → 1月に給与支払報告書を提出した市町村(移動のあった日の翌月10日までに)

 

 

 

 

●●ご注意●●

給与関連の一般的な法定事務について解説していますので、お客様の業務内容にそぐわない場合もあります。



────────────────────────────────────

★★今月の豆知識★★

【年末調整に関する改正点】 
詳細 → http://www.nta.go.jp/shiraberu/ippanjoho/pamph/gensen/nencho2009/pdf/04-05.pdf 

「年末調整」では、配偶者控除、配偶者特別控除、扶養控除、保険料控除などの控除行います。
扶養控除等申告書などを回収して、これらの控除を正しく行いましょう。

////////住宅の省エネ改修工事等に係る住宅借入金等特別控除の控除額の特例 創設////////
省エネ改修工事等(省エネ改修工事等に要した費用の額が30万円を超える増改築等に限る)をして、
平成20年4月1日から平成25年12月31日までの間にその家屋をその人の居住の用に供した場合において、
増改築等住宅借入金等を有するときは、増改築等に係る住宅借入金等特別控除(本則)又は控除額の特例との選択により、居住年以後5年間の各年にわたり、
増改築等住宅借入金等の年末残高の1,000万円以下の部分の金額を基として、次に掲げる控除率により計算した金額が省エネ改修工事等に係る特定増改築等住宅借入金等特別控除としてその人のその年分の所得税の額から控除されます。

 
増改築等住宅借入金等の年末残高の限度額
控除率
控除期間
各年の控除額
省エネ改修工事等に係る費用
1,000万円
1.0
5
12万円
 
うち特定断熱改修工事等
に係る費用
200万円
2.0
 

////////住宅借入金等特別控除の対象となる増改築等の範囲 拡充////////
住宅借入金等特別控除の対象となる増改築等に省エネ改修工事等が追加されました。


////////給与所得の源泉徴収票の記載事項に関する所要の整備////////
個人住民税における住宅借入金等特別税額控除制度が創設されたことに伴い、
給与所得の源泉徴収票の摘要欄について、居住年ごとの「居住開始年月日」、「住宅借入金等特別控除可能額の金額」等の記載に関する所要の整備が行われました。
※この改正は、平成21年4月1日以後に提出又は交付する給与所得の源泉徴収票について適用されます。
詳しくは、「
平成21年分給与所得の源泉徴収票等の法定調書の作成と提出の手引」などでご確認ください。なお、個人住民税における住宅借入金等特別税額控除制度の詳しい内容につきましては、最寄りの市区町村にお尋ねください。


──────────────────────────────────────────

★★来月の計画をたてるために★★


◇年末調整の準備

◇冬季賞与に伴う業務

 

=============================================================

~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・
 〔平成21年度 弥生給与 年末調整セミナー開催のご案内〕
     ~今年は11/24(火)より開講!~
     実処理前の予行演習として最適です
(いずれのコースも弥生株式会社様発行のテキストを使います)
~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・

早いものでそろそろ今年も年末調整処理の時期が近づいてまりました。

今年の弊社ディー・マネージの年末調整セミナーは、
メーカー規定の標準2時間コースのほかに、昨年一昨年と初めて
年末調整処理を行う方にご好評頂きました3時間拡大コース枠を
弊社独自企画枠として継続開催します。
皆様のスキルに応じてお選びいただけます。

なお、開催1週目のみ東京・渋谷2会場をご用意しておりますが、
例年早い開催日程から満席になる傾向がございます。
先着順での受付となりますので、ご希望の方はお早めに!
今年も皆様からのお申込をお待ちしております。

… … … … … … … … … … … … … … … …

※平成21年度 年末調整コースの詳細、開催日程、お申込方法は
弥生シリーズ専門サイト
『弥生導入支援センター』
http://www.yayoinotatsujin.net/
に掲載中です。

… … … … … … … … … … … … … … … … 
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    平成21年度 年末調整コース
  【教室講座】<2時間標準コース>(通常枠)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
(概要)
毎年弥生株式会社様でもご案内している標準のコースです。
弥生給与での年末調整処理手順並びに10バージョンでの
改正点までを、標準的なスピードでご説明していきます。

(当コースの選択の目安)
○年に一度の年末調整処理操作の流れをポイントを中心に
 確認したい方
○昨年2時間標準コースを受講され、特に問題なく必要充分
 の講座時間、内容と感じられた方

(受講料)
 弥生給与ハイパーサポート契約中の方 
 10,080円/人(税込)
 非契約の方 
 12,600円/人(税込)

●当コースの開催スケジュール、お申込は下記サイトより
 承っています
「弥生導入支援センター」
http://www.yayoinotatsujin.net/seminar/seminar_nenmatsu.html

… … … … … … … … … … … … … … … … 
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    平成21年度 年末調整コース
 【教室講座】<3時間拡大コース>(当社独自企画枠)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
(概要)
弥生給与での年末調整処理の事前確認処理から終了処理、
並びに10バージョンでの改正点までを、
標準コースよりも1時間拡大のうえご説明致します。

☆当コースはもう少し時間が欲しい、
 他の操作の早い方と一緒だと気をつかってしまう・・・
 といったご意見から企画した独自コースです

(当コース選択の目安)
○弥生給与を今年から購入された方や、担当替わり
 の方で、今年初めて年末調整の処理を行う方
○昨年セミナーを受講された際に2時間では時間が
 足りないと感じられた方

(受講料)
 13,650円/人(税込)
 <当コースは一律の受講料とさせていただきます>

●当コースの開催スケジュール、お申込は下記サイトより
 承っています
「弥生導入支援センター」
http://www.yayoinotatsujin.net/seminar/seminar_nenmatsu.html


 

=============================================================

 給与計算ピット (旧:給与計算サポートセンター)

 運営会社:株式会社ディー・マネージ

 

 

 

 

 

給与計算Pit TOP

アーカイブ