給与計算Pit リマインダー

« 2010年09月 | メイン | 2010年11月 »

給与計算実務リマインダー 2010年11月の業務カレンダー


今年も年末調整の時期がやってきました。

11月は毎月の業務に加えて冬季賞与や年末調整など、多忙な時期となります。

平成23
年扶養控除等(異動)申告書や保険料控除申告書の手配はお済みでしょうか。

「年末調整」では、配偶者控除、配偶者特別控除、扶養控除、保険料控除などの控除行います。
年末調整業務については、11月から準備に入る必要があります。
12月になってから慌てなくて良いように扶養控除等申告書などを回収して、これらの控除を正しく行いましょう。 余裕も持ったスケジュールをたてておきましょう。

税務署や市区町村などで各種説明会が開かれますし、給与計算ソフトをご使用の場合は各ソフトメーカでの
セミナー も開催されます。出席して要点をチェックするのもよいでしょう


------------------------------------------------------------------------------

≪定例事務≫

10日

前月の源泉徴収所得税額の納付  事業所指定の金融機関(銀行や郵便局)

前月の住民税の特別徴収税額の納付  事業所指定の金融機関(銀行や郵便局)

一括有期事業開始届(概算保険料160万円未満:請負金額19,000万円未満の工事)  労働基準監督署(一括される有期事業を開始した日の属する月の翌月10日までに)

 

末日

社会保険料(健康保険料・厚生年金保険料)の納付  事業所指定の金融機関(銀行や郵便局)

日雇健保印紙保険料受払報告書提出  ハローワーク

労働保険印紙保険料納付・納付計器使用状況報告書提出  ハローワーク

 

その他

給与計算・給与明細作成

給与支払

 

 

≪スポット事務≫

10日

特別徴収に係る給与所得者異動届出書 → 1月に給与支払報告書を提出した市町村(異動のあった日の翌月10日までに)

 

15日

第2期分のみの所得税予定納税額の減額申請 → 所轄税務署 参考 →http://www.nta.go.jp/tetsuzuki/shinsei/annai/shinkoku/annai/02.htm

 

末日

特になし

 

その他

新入社員・退職者・転勤者の社会保険・労働保険の資格得喪 → 社会保険事務所・公共職業安定所

給与所得者の扶養控除等(異動)申告書の回収(最初の給与の支払日の前日まで) → 給与支払者

健康保険・厚生年金保険の随時改定(月額変更届の提出) → 社会保険事務所・健康保険組合
※8月に昇給等を行った場合は、要否チェック

賞与の社会保険料(健康保険料・厚生年金保険料)の納付 → 事業所指定の金融機関(銀行や郵便局)

被保険者賞与支払届の提出(賞与支給日から5日以内) → 社会保険事務所・健康保険組合

定期健康診断結果報告書 → 所轄労働基準監督署

労働者死傷病報告(4日以上の休業・死亡) 労働災害発生後遅滞なく 提出 → 所轄労働基準監督署

源泉所得税の納期の特例の承認に関する申請(提出期限は特に定めなし(原則として、提出した月の翌月以後に支払う給与等から適用) → 所轄税務署長
詳細 → http://www.nta.go.jp/tetsuzuki/shinsei/annai/gensen/annai/1648_12.htm









●●ご注意●●

給与関連の一般的な法定事務について解説していますので、お客様の業務内容にそぐわない場合もあります。



────────────────────────────────────

★★今月の豆知識★★

【年末調整に関する改正点】 
////////住宅借入金等特別控除の特例 創設////////
「長期優良住宅の普及の促進に関する法律」に規定する認定長期優良住宅の新築等をして、
平成21年6月4日から平成25年12月31日までの間に自己の居住の用に供した場合の
住宅借入金等特別控除の特例が創設されました。 
詳細 →  http://www.nta.go.jp/shiraberu/ippanjoho/pamph/gensen/nencho2010/pdf/04-05.pdf



【扶養控除の対象となる親族とは】  
今回は、見落としがちな扶養親族の対象となる親族の範囲についてです。
扶養控除が出来るかどうかの判定は毎年12月31日現在で、下記の条件を全て満たす人となります。

①本人の親族(民法で定める6親等内の血族と3親等内の姻族)
②本人と生計を一にしている者(同居・別居は関係なし)
③対象となる親族の年間所得金額が38万円以下であること(収入ではありません)
④他の人の扶養親族や専従者になっていないこと

親族とは、民法上の6親等内の血族・配偶者・3親等内の姻族を言います。
かなり広範囲の対象となります。
姻族とは婚姻により親戚となった関係を言い、配偶者の血族又は血族の配偶者を言います。
6親等内の血族とは、本人を中心に親族の遠近を上下6世代目までの血の繋がったものを言います。
3親等内の姻族とは、具体的には
  配偶者の血族として、父母・祖父母・曾祖父母・伯叔父母(おじ・おば)・兄弟姉妹とその子
  血族の配偶者として、兄弟姉妹の配偶者・兄弟姉妹のこの配偶者・伯叔父母(おじ・おば)の配偶者
が上げられます。
親族とは、戸籍法上の親族関係に当たることが必要で、内縁関係にある妻やその間の子供を扶養控除対象とすることは出来ません。親族であれば、国籍や住所が外国であっても①~④の条件を満たせば問題ありません。
その他、児童福祉法の規定により養育を委託されたいわゆる里子や老人福祉法の規定により養護を委託されたいわゆる養護老人で、所得者と生計を一にし、合計所得金額が38万円以下の人も扶養親族に含まれます。
なお、本人の配偶者は、扶養控除対象としての親族には含まれません。配偶者控除など適用となります。


【参考---国税庁のサイトから以下のダウンロードができます】  
「平成22年分 年末調整のしかた」の誤りについて(平成22年10月)
「所得税徴収高計算書(納付書)の記載のしかた(給与所得・退職所得等用)」の記載内容の一部を訂正しました(平成22年10月)
平成22年版 給与所得者と年末調整(リーフレット)(PDF/3,140KB)(平成22年10月)
「平成22年分 年末調整のしかた」掲載(平成22年9月)
年末調整のための諸用紙を掲載(平成22年9月)


【労働基準監督署内の課名 変更】  
東京労働局は、10月1日から管内の
青梅労働基準監督署及び八王子労働基準監督署町田支署の
課名を業務内容に沿った名称に変更されています。
※上記以外の管内労働基準監督署については、現行のままで変更はありません。
変更後は、青梅労働基準監督署は、第1課→監督課・第2課→安全衛生課・第3課→労災課
八王子労働基準監督署町田支署は、第1課→監督安全衛生課・第2課→労災課
になっています。
なお、今回の変更は名称のみで、担当業務、受付窓口等の変更はありません。






──────────────────────────────────────────

★★来月の計画をたてるために★★


◇年末調整の準備

◇冬季賞与に伴う業務

 











=============================================================
平成22年度版「源泉徴収票」のご予約・販売実施中です。
季節物は、ご注文が集中しますので、早めのご準備をお勧めします

・弥生給与、やよいの給与計算用
 11月2日より出荷開始予定
 
http://www.yayoikan.com/?mode=grp&gid=59110

・給料王用
 11月中旬より出荷開始予定
 
http://www.kaikeioukan.com/?pid=24281616

・給与奉行、法定調書奉行シリーズ用
 11月中旬より出荷開始予定
 
http://www.bugyokan.com/?mode=grp&gid=64372

・PCA給与、給与じまんシリーズ用
 源泉徴収票は10月28日、源泉徴収簿は来年1月出荷開始予定
 
http://www.pcakan.com/?mode=grp&gid=64092


・給与大臣シリーズ用
 11月12日より出荷開始予定
 
http://www.daijinkan.com/?mode=grp&gid=64108

=============================================================

給与計算pit (旧:給与計算サポートセンター)

 

運営会社:株式会社ディー・マネージ

 

 

 

 

給与計算Pit TOP

アーカイブ